父なる母なる神~本物の神と出会える場所~

「神の姿」を書き現していく世界「初」の文章です。NO.1を目指してるので、応援よろしくお願いします。

神は「動」の絵を描く

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神が描く絵は「動」であり、過去から未来へと動く運命を描く。
神が描いた「雲の絵」は常に動いているし、「地球の絵」も常に動いているし、「植物の絵」も発芽してからどんどん成長していって動いているし、「生物の絵」も長い年月をかけて段々と進化していって動いている。
そう、海から陸地へと生活の場を移して、陸地で生活しやすい形へと進化していった生物の体も、神が描いた絵なのだ。
神が思い描いた通りに、生物の体は進化してきた。
「どう変更したら、もっと生活しやすくなるかな」という神の思考によって、生物の体は作り変えられてきた。
今の人間が制作している「動画」の超未来形という感じで、才能がありすぎる神が用いている技術は、人間の予想をはるかに凌いでいて、人間世界を見て干渉している時には、運命的な出会いや成長などの「人の運命」ですらも描いているのだ。
ゾウの事例が分かりやすくて、体が大きいゾウを餓死させないために「ゾウには草だけじゃなく木までも食べさせよう」と思い描いて、木を食べやすくするために「木を切り刻める大きくて立派な牙を与えよう」と思い描いて、木という硬い食べ物を食べ続けると歯の消耗が激しいだろうから「人間の歯は1回だけだけどゾウの歯は一生に5回生え変わるようにしてあげよう」と思い描いて、歯が4本しかないし体が大きくて1日に必要な食事量が凄いので歯がなくて食べられない期間があると死んでしまうだろうから「古い歯がすり減ると歯の後ろからスライドするように新しい歯が生えてきて、古い歯が手前に押し出される形で抜け落ちて生え変わるシステムにして、人間みたいに歯がない期間をなくしてずっと食べられるようにしてあげよう」と思い描いて、そうやって、神が色々と試行錯誤して完成したのが「ゾウの絵」なのだ。
「ゾウが生まれてから死ぬまでの体の変化」が、神が思い描いた絵であり、人間も例外ではなく、神が「人間の体は老いていく」と思い描いたから、神が描いた「人間の絵」の通りに人間は老いていくのだ。



読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m