父なる母なる神~本物の神と出会える場所~

神世界へと行ける光の道を、神の姿を書き現して、神宿る文章をお届けしています。

神世界に花開いたテクノロジーがある

「神の脳」は、忘れないし、「人間の脳」をはるかに超えた驚異的なスピードで思考できるし、そして、もちろん、ずっと、老いることはなく、ハイスペックな状態のままで稼働し続けている。

宇宙を丸ごと処理し、記憶している脳なのだから、そのスペックは計り知れず、無限の輝きを放つ規格外な脳なのです。

地球上にいる全ての生き物の「雛形」が、その「神の脳内」に収納されていて、そこから射出される形で、生き物たちの姿は反映されている。

1つの宇宙は、1つの神の所有物で、神は、主に、神世界で神々と生活しているから、片手間で作り上げたのが、今あるこの宇宙であり、「人間の型」「鳥の型」「魚の型」、この宇宙に存在している全ての型は「1つの神による創作物」にすぎず、そして、「子供の型」「大人の型」「老人の型」「男の型」「女の型」ですらも、神による創作なのです。

神が創作していなければ、この世に、「子供」「大人」「老人」「男」「女」は、存在していない。

人間は、「皆がそうだからそうなんだ」理論で、「有るのが当たり前」だと思っているけど、それらが有るのは、当たり前ではない。

神が、その型を作ったから、存在しているだけの話なのです。

この宇宙は1つの神の作風が反映されている世界であり、神世界には、他の神々が作った宇宙も存在していて、それぞれの神の作風が反映された「異次元的な見たこともないような型」も無数に存在している。

「人間の型」というのは、数多く存在している「型」の中の1つにすぎないのです。

「型」を作る側である神は、いつでも、新たな「型」を生み出すことが出来るし、いつでも、「型」のデザインを変更できる。

人間が「美男美女になりたい」「美男美女になりたい」と切望しているけど、神が一筆変更を加えれば、今、すぐに、誰でも、美男美女になれるのです。

「なれない」のではなくて「ならせてもらえていない」だけの話で、やろうと思えば、神は、いつでも、それを実行できる。

今、あなたの目前に広がっている世界だって、かなり大胆にデザイン変更が行われてきたけど、なるべく「その世界に住んでいる者達に気付かれないように」ゆっくりと一筆加えて変更してきたから、人間は、気付けなかっただけなのです。

なぜ、気付かれないようにする必要があったのかというと、「誰かによって作られた世界に住んでいる」と分かると、「この世の仕組みを解明しよう」という探求意欲をそいでしまう可能性があるからで、研究を頑張っている人達に水を差す形になってしまうからで、本来は、隠しておくべきことなのです。

でも、いつか、気付いて、神と共に生きる経験も、いつか、必要となってくる。

それが、「神世界を目指す」という、大きな目標へと向かって、自分の魂を成長させていく、大きな指針となるからです。

この世に現れているのは、花開く途中である1輪の「神の御業」が申し訳なさそうに咲いているだけで、神世界には、満開になった「神の御業」が無数に咲き乱れている。

永遠に生き続けている神々による英知の結晶であるテクノロジーの数々が、キラキラと輝いて花開いているのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

神の一筆は世界を塗り替える

天地創造」は神の御業であり、

「人間創造」も神の御業であり、

そして、「猫創造」も神の御業、ということになる。

猫が「ニャーン」と鳴き、舌で毛づくろいして、顔に何本か生えている細長いヒゲが周囲の状況を敏感にキャッチしているのは、全て、神が決めたこと。

猫がやり始める前から、

「ニャーン」と鳴きやすい声帯にしてあり、

クシみたいに扱えるように毛づくろいしやすいザラザラした舌にしてあり、

空気の流れや周囲の物を感知しやすいヒゲにしてあり、

それぞれを、やりやすい体になっている。

なめらかである「人間の舌」じゃ、

猫みたいに上手く毛づくろい出来ないし、

人間がヒゲを切らずに長く伸ばしたとしても、

上下左右に動かせて敏感な「猫のヒゲ」みたいに上手く使いこなすことは出来ない。

「人間には出来ない型」というのが存在しているのです。

各研究者によって数値がバラバラで安定していないけど、

人間の可聴域は、だいたい20Hz~20000Hzくらいで、

猫は50Hz~70000Hzくらいで、

コウモリは1000Hz~100000Hzくらいで、

人間には聞こえない20ヘルツ以下もしくは20000ヘルツ以上は超音波と呼ばれていて、

超音波である20000Hz~100000Hzくらいの周波数帯域を利用してコウモリは飛行している。

これら周波数の設定は、誰かが調整したのであり、

もちろん、神が調整したのであって、

神の一筆は、この世の、ありとあらゆる「決まり事」や「法則」を塗り替えることが出来る「魔法の筆」で、

神が描いた絵の通りに地球上の生き物たちは暮らしている、ということになる。

人間が、ラジオ放送(東京)で

TBSラジオは954kHz」「文化放送は1134kHz」「ニッポン放送は1242kHz」と周波数を決めているように、

神が、「人間の可聴周波数は20Hz~20000Hz」「猫の可聴周波数は50Hz~70000Hz」「コウモリの可聴周波数は1000Hz~100000Hz」と周波数を決めただけの話なのです。

神が、「猫は夜行性にする」と決めたから、

猫の目にタペタムが付いている。

神が、「コウモリにはエコーロケーションを使用させる」と決めたから、

コウモリの体は、それに対応できる声帯と耳になっているのです。

「猫の型」「コウモリの型」という風に、

地球上の生き物たちのライフスタイルは、

神によって、だいたいが決められている。

人間も例外ではなく、

神が定めた「人生」「猫生」「コウモリ生」を、

神が一筆変更を加えなければ、

それぞれ、例外なく、歩んでいくことになる。

「人間に見えている世界」と「猫に見えている世界」は異なっていて、

「人間に出来て猫には出来ないこと」があり、

「猫に出来て人間には出来ないこと」があり、

そして、神には、全てが見えていて、全てが出来ている。

神が所有している知識は「全部」であり、

人間が所有している知識は「一部」であり、

そして、人間は、宇宙の創造主である神が構築したシステムを解き明かしていっているだけの存在にすぎない。

例えるなら、人間は「バラバラになったパズルピースを組み立ててジグソーパズルを完成させていっている存在」で、神は「ジグソーパズルを作った存在」、ということになる。

ジグソーパズルの制作者である神には、もちろん、ジグソーパズルに描かれている絵の全体像が見えている。

そして、今の人間は、パズルを組み立てている途中だから、絵の全体像が見えていないだけの話なのです。

今の人間が「将来、解明されるだろう」と研究を進めている技術は、もう、すでに、神によって完璧に解明されている技術で、あえて、わざと、パズルピースをバラバラな状態にして、ちゃんと組み立てたら「一枚の絵」が完成するように仕組まれている。

常に、神が「クイズの出題者」で人間は「解答者」、という関係なのです。

「人間の可聴域」「猫の可聴域」「コウモリの可聴域」「ラジオ」というパズルピースから、

「少なくとも生き物は20Hz~100000Hzの音を聞き取ることが出来る」という絵の一部が見えてきて、

そして、そのジグソーパズルの絵の全体像は、

「神は宇宙内にある全ての周波数を聞き取ることが出来ていて宇宙内にいる全ての生き物に対して可聴周波数を定めることが出来る」ということなのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

猫がかわいいのは神のおかげ

人間が「美男美女になりたい」と思っていても、

ほとんどの人がなれていないように、

猫が「かわいくなりたい」と思ったから、

猫は、かわいくなった訳じゃない。

神が「猫はかわいくデザインしよう」と思ったから、

猫はかわいくなったのです。

人間が猫を見て

「かわいい」「かわいい」と言っていることは、

神も実際に上から見て分かっている。

「神の感性」と「人間の感性」は、非常に似ている。

だから、人間は、神の意図を読み取ることが出来る。

人間が美術館に数々の名作を展示しているように、

宇宙全体が「神の美術館」みたいになっていて、

そこに展示されている神作品の数々は、

長い年月をかけて作り上げてきた力作だからこそ、

数多くの感動を生み出す名作となっているのです。

「海岸線に沈みゆく夕日」

「まさに南国という感じのヤシの木」

「甲羅を背負っているカメ」

「横歩きするカニ

全てが、神というデザイナーによって

生み出された芸術作品なのです。

前方向に歩けるカニの種類もいるけど、

ほとんどのカニが横方向に歩いているのは、

足の関節が横方向に曲げやすい形になっているからで、

前方向に行こうとすると

ハサミを除いて8本ある足同士がぶつかったりして歩きにくいからで、

仕方なく横方向に歩いている。

体が、そういう構造になっているから、

やむを得ず、

前に歩きたいのを我慢して、

横歩きで生活しているのです。

地球上の生き物たちは、

神が決めた「型」の通りに生きていて、

自分の「型」以外の「型」は出来ない状態で、

かなり自由を奪われた状態で生きている。

人間も例外ではなく、

「人間には出来ない型」というのが存在していて、

人間が思っている以上に、

かなり不自由な状態で人間は生きているのです。

もちろん、「作る側」の立場である神の場合は、

話が全く違って、自由に生きている。

神世界には無数の型があって、

神は、全ての型を体験できる存在で、

自由な体で自由な世界で生きている。

地球上の生き物たちは、

自分の体を「デザインする側」ではなく

「デザインされる側」だから、

不自由な体となっているのです。

クワガタのオスなんかは、

食事をする時、

長すぎる自分の角が邪魔になって、

食事しにくそうに食べているし、

同じ場所で同じ環境で過ごしてきたのに

オスとメスでは角の長さが全く異なっていて、

「環境に適応する」というのが主目的なら、

絶対に、そんなことにはならないはずなのです。

明らかに「見た目を重視して」デザインされているのであって、

オスとメスで全く形状が異なっているのは

「見分けやすいから」

「オスとメスで役割を分担させよう」

という神の意向で、そうなっているだけの話なのです。

「神の視点」から見ると、「なぜ、この世は、このような仕組みになっているのか」が分かるようになってくる。

人間が思っている以上に、この世は、神によって、考えに考えて考え尽くして、精巧絶妙に作られている。

「人間の視点」「鳥の視点」「魚の視点」

ありとあらゆる視点から、多角的に、

「人間の体」「鳥の体」「魚の体」

ありとあらゆる構造を知り尽くしている神によって、精巧絶妙にデザインされているのです。

夜行性であるフクロウの目は、

「暗視スコープ」みたいに暗闇でも見ることが可能で、

夜中に目が光るのは目の奥にあるタペタム(輝板)という集光装置がわずかな光りを反射して増幅して明るくしているからで、

同じく夜行性である猫とネズミの目にもタペタムが付いているから、

薄暗い屋根裏でも平気でドタバタと追いかけっこをしている。

猫の耳は、

人間が聞き取れない周波数の音声をキャッチできて、

数十メートル離れている小さな音さえも聞き分けて音源の位置と距離を正確に把握できるから、

ネズミが発する高音域の声やガサゴソと動き回る物音を瞬時に察知して素早く捕獲することが出来ている。

犬の鼻は、

人間の臭覚の100万倍~1億倍もの精度で

においをかぎ分けるから、

警察犬として犯人が残した遺留品のにおいを追跡できたり、

麻薬捜査や災害救助の時にも活躍できている。

コウモリは、

喉の声帯を振動させて超音波を発して、

対象物に当たってはね返ってくる反響音(エコー)を耳で聞いて、

対象物までの距離、対象物の大きさや動きなどの情報を得ることで、

暗闇でも障害物を避けたりエサを捕獲したり出来ている。

これら全てが、神によって、デザインされたものなのです。

「フクロウの目」「猫の耳」「犬の鼻」「コウモリの声帯」を、そのように設定したのは神なのだから、

もちろん、「作り手」である神は、それら全ての感覚を感じ取れていて、

さらには、「神にしか見えない世界」というのが存在している。

タペタムやエコーロケーションは、神が開発した1つの技術であり、

遺伝子技術も、神世界では「初歩の初歩」という感じで簡単に扱える技術として存在していて、

神世界の技術は、人間世界の技術を圧倒的に凌駕している。

宇宙内に存在している技術は、

1つ1つが完璧に明文化されている技術で、

神から見たら、とっくの昔に習得済みの技術ばかりで、

膨大な数の神々が住む壮大な世界である神世界には、

想像を絶するテクノロジーと手腕によって、

人間世界をはるかに超越した超高度な文明が形成されているのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

人間が有るなら天使も有りえる

コミュニケーションしやすいように、

そして、遠い未来に、

人間達がマンガやアニメを制作する時代がやってくるだろうから、

その時のために、

喜怒哀楽を表現しやすい顔の筋肉にしておいてあげよう。

顔だけじゃなく、人間の体には、

様々な「神の思い」が込められていて、

「スポーツをしやすい体にしておいてあげよう」

「音楽を楽しめる体にしておいてあげよう」

「道具を扱いやすい体にしておいてあげよう」

、などなど、

野球選手としての未来、

歌手としての未来、

大工としての未来、

ありとあらゆる未来を想定して、

それぞれの未来を実現できるようにするために、

人間の体は「柔軟性があって幅広く対応できる体」となっている。

「人間が野球をする未来」

「人間がピアノを演奏する未来」

「人間が歌をうたう未来」が見えていたからこそ、

器用な手足と優良な声帯が有るのであって、

頑張れば、挑戦すれば、野球を上手くできたり、

ピアノを上手く演奏できたり、

歌を上手く歌えたりする体となっているのです。

それは、当たり前のことではなく、

猫には、

野球用のバットやグローブを上手く扱えないし、

ピアノを上手く演奏できないし、

歌を上手く歌えない。

「人間の体だからこそ」出来ることなのであって、

神が、そういう体の仕組みにしておいてくれたからこそ、

今、あなたは、野球をすることが出来て、

ピアノを演奏することが出来て、

歌をうたうことが出来ているのです。

神が「人間の型」を創作して、

その後も、ずっと、神の手で存在させている。

ということは、すなわち、

神が、同じ要領で「天使の型」を創作したなら、

「天使も存在している」ということになる。

神が天使を存在させているなら天使は存在しているし、

天使を存在させていないなら天使は存在していない。

この世は「神の思い」が実現している世界。

神が、わざと「スロー」にして実現させているから、

やっていることの凄さに気付けないだけで、

「サナギ」という神技術で

幼虫から成虫へと変身するチョウチョの体を

頭の中で「早送り再生」してみれば、

「自分の顔を自分好みの顔に変更する」なんて、

いとも簡単に出来ることだと気付けるはずです。

体を丸ごと変更すればいいだけの話で、

もちろん、「遺伝子」という「体を作るツール」を

完璧に使いこなせている存在である神の場合は

ソレが当たり前に出来ていて、

出来ないことの方がおかしな話なのです。

「まゆ毛」と「まつ毛」と「髪の毛」では

伸びる長さを変えて絶妙に調整していて、

遠近でピントを調整できる「目」があり、

さらには、目が乾いたら水加減を調整するために

「涙」が出てきて目を潤してくれる。

そんな難しいことが出来ているのに、

「自分の顔を自分好みの顔に調整する」という簡単なことが出来ていない。

まさしく、今の人間は「翼を失った天使」であり、

天使が人間よりも神に近い存在ならば、

「人間」と「天使」の両方が存在していない状態から考えてみると、

天使の方が、よっぽど現実的で有り得る存在なのです。

人間は、目で見えないから「信じられない」と言う。

人間が思っているほど、「人間の目」は万能じゃない。

人間が感知できる可視光線の波長は

約380nm~780nm(ナノメートル)で、

その可視域の範囲以外は

目で捕らえることが出来ていなくて、

かなり「見れる範囲」を限定された目となっている。

もちろん、その「人間の可視域」を決めたのは神であり、

人間以外の生き物の可視域を決めたのも神であり、

宇宙内の全生物が見れている景色を神も見ることが出来ていて、

さらには、神にしか見れない可視域も存在している、ということなのです。

神が「全部」で人間は「一部」。

「人間の目」は、「神の目」の一部の機能だけを

使用許可された劣化版にすぎない。

「人間の耳」だって、

20~20000ヘルツくらいの周波数しか

聞き取れていなくて、

万能である「神の耳」と比べたら、

性能がはるかに劣っている耳なのです。

人間には感知できないけど

神には感知できている世界、というのが存在している。

「人間の目」で見えない生き物は

存在していないのではなくて、

万能である「神の目」で見えない生き物は

存在していないのであって、

生き物全ての「存在する」「存在しない」は、

神にしか分からないことなのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

神が全部で人間は一部

遺伝子技術は、人間世界での現状みたいに

「これから遺伝子の仕組みがどんどんと解明されていくだろう」という「発展途上な技術」ではなく、

神世界では、

「確固たる技術」として明確に確立されていて、

「遺伝子技術の使用法」というマニュアルも存在していて、

完璧に遺伝子の仕組みは解明されている。

というか、「神が遺伝子システムを作った」のだから、

解明する必要はなく、ただ、

自分達が作った遺伝子システムの概要を

書き現してマニュアル化しているだけなのです。

「ハゲになりたい」と思っている人間は

ほとんど皆無だろうから、

「ハゲは嫌だ」「ハゲは嫌だ」と言いながら

ハゲていく人間が多数いる時点で、

「人間の思いが実現して毛が生えているのではない」ことは明らかで、

神が

「まゆ毛があった方が汗が目に入りにくいだろう」

「まゆ毛があった方が喜怒哀楽をより上手く表現できるだろう」

と思ったから、

人間の顔にまゆ毛が付いて残っている。

美男美女も、遺伝子的に派生した神作品の1つで、

「高嶺の花」みたいな存在とするために、

あえて少しだけ存在させているのであって、

美男美女じゃない人もいた方が人間世界をもっと深みがある世界にすることが出来るだろうから、

「様々な顔」や「様々な体型」の人間を存在させている。

神の采配が元になって、

人間世界は、形成されていっているのです。

人間がピアノを発明する前から、神世界には、今の人間世界にある最高級のピアノ以上のピアノが存在している。

だからこそ、人間がピアノを演奏する未来を見通して、前もって、人間の体を「ピアノを上手に弾ける体」にしておいてくれたのです。

人間の体には、神からの「~してあげよう」という気持ちが込められている。

ピアノの演奏家を目指す人のために、

手の指を訓練したら1本1本それぞれを

器用に動かせるようにしておいてあげよう。

歌手を目指す人のために、

様々な音色で歌える声帯にしておいてあげよう。

人間の体だけじゃなく、

風景にも思いが込められていて、

画家を目指す人のために、

山々の新緑や紅葉、変幻自在に変化する雲、

川の清流や海の渦潮、などなど、

様々な画材をさりげなく用意してくれている。

「海岸線に沈みゆく夕日」と「愛くるしい猫」なんかは、

この世における神作品の「キレイ」と「かわいい」の最高傑作で、

人間が作った映画やマンガやアニメの名作は、

神がデザインした画材を元にして、

それから独自性を加えて仕上がっているのであって、神あってこその名作なのです。

この世に元々からある美は、全て、神がデザインした美だ。

そして、「人間が何を見たら美しいと感じるのか」も考慮した上で、美しい光景を存在させてくれている。

人間が思っている以上に、神は、人間に対して、色々と配慮して、良い結果になるように導いてくれているのです。

「神の目」は、

人間目線で風景を見ることが出来るし、

鳥目線で見ることが出来るし、

イルカ目線で見ることも出来る。

いかようにも調整可能で、

見方を変更できる便利な目なのです。

だからこそ、人間だけじゃなく、

「鳥の視点」「イルカの視点」から見ても

最適な風景になるように、この世は作られている。

神の実力は、人間の予想を、はるかに上回る。

人間みたいに、イルカのことを「一部」だけ分かっている程度の知識ではなく、神は、イルカのことを「全部」分かっている。

それは、当たり前の話で、「イルカの体」をデザインしたのも神なのだから、イルカの全てを知り尽くしている存在なのです。

「神の耳」は、「人間の耳」よりも、

はるかに高性能で、

人間の可聴周波数はもちろんのこと、

コウモリが喉から発する超音波ですらも、

ちゃんと聞き取ることが出来る。

コウモリが、その超音波を利用して、はね返った超音波を聞き取って障害物を避けたりする「エコーロケーション」と呼ばれている飛行手段も、神は、完璧に頭で理解できている。

というか、そもそも、エコーロケーションというシステムを発明したのは神であり、神からの指示通りにコウモリはエコーロケーションを使用して生きているだけなのです。

人間は、犬が吠えて何を言っているのかの「一部」を知っているけど、神は「全部」を知っている。

鳥達が鳴いて何を言っているのかも全て分かっているし、イルカ達がピーピーと何を会話しているのかも全て分かっている。

そして、もちろん、今、人間達が話している言葉の全てを完全に掌握して理解できているし、「声帯を振動させたらどのような歌声になるのか」も、全てが神の想定内の出来事なのです。

神が人間に与えた声帯は、「1つの型」にすぎない。

「声帯を考案して生み出して与えている側」である神が住んでいる神世界には、「人間の声帯以上の声帯」が無数に存在していて、人間世界よりも、はるかに画期的な音楽で満ち溢れている。

もちろん、声帯だけじゃなく、

神世界には、膨大な種類の楽器が存在していて、

人間世界とは比べ物にならないくらいに、

豪華けんらんで多種多様な演奏が壮大に行われている。

人間世界の音楽も素晴らしいけど、

それを、はるかに超えた極上の音楽が、

神世界にあるのです。

人間以外の動物が奏でる様々な音色も、

神あってこその、功績だ。

神が人間とシンクロして色々と手引きしてくれているように、スズメとシンクロして「チュンチュン」と鳴くように誘導したのは、神なのです。

犬が「ワンワン」と鳴き、

猫が「ニャーン」と鳴き、

ゾウが「パオーン」と鳴いているのは、

全て、神が定めた鳴き方で、

宇宙の創造主である神は、

宇宙内にいる生き物なら、

どんな生き物に対しても

シンクロして未来を誘導することが出来る。

その結果が、ウグイスのオスがメスに求愛する時に「ホーホケキョ」と鳴く今現在なのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

すぐに行ける場所に神世界はある

神世界と人間世界は、

離れているようで繋がっていて、

遠いようで近くに存在していて、

神が手を差し伸べれば、

すぐにでも行ける場所に、神世界はある。

神の脳は「神世界」にあり、

人間の体は「この世」にあり、

神の脳が人間の体を実体化しているのだから、

「神世界」と「この世」はリンクしているのです。

「自動車」のデザインは人間がしたもので、

「人間の体」のデザインは神がしたもので、

「自動車」のメンテナンスは

主に人間が行っていて、

「人間の体」のメンテナンスは

主に神が行っている。

「一時期にちょっとだけ介入した」というレベルではなく、

常に、いつの世も、少しずつモデルチェンジが行われていて、

神が、

「機械や道具などをもっと上手く扱えるように手足をもっと器用に動かせるようにしてあげよう」

フィギュアスケートや新体操やバレエなどの表現系スポーツをする未来のために優雅さやしなやかさをもっと上手く表現できる体にしてあげよう」

という風に色々と考えて、

時代に合わせてモデルチェンジしてきた結果が、

今ある人間の形なのです。

サルやゴリラが

フィギュアスケートをしたとしても、

人間みたいに上手く体で表現できない。

神が、人間に対して

「体で表現すること」を大切だと思って

重要視しているからこそ、

「人間の体」は繊細な体となっていて、

「動き」や「姿勢」や「表情」で感情を

上手く表現できる体となっているのです。

「神の存在」を信じられない人間がいるのは、

「神」が見えないからで、

「神の技」が見えないからで、

ただ、それだけの理由にすぎず、

それは、「神の目」と比べたら

「人間の目」の性能が低すぎるから

見えないのであって、

「人間の五感」だけじゃ足りないから

感じ取れないのであって、

「神の目」と「神の感覚」を得たら、

はっきりと「神の技」を理解できうる存在になれる。

「神」と「神の技」は、

あやふやで、ぼんやりとした存在ではなく、

明確に、はっきりと存在している。

神世界にある「神の脳」から「人間の雛形」を射出して、この世に「人間の姿」を投影させている。

それは遺伝子を駆使して行われていて、その手法は、神世界では「技術」として明確に確立されている。

人間にも、ちょっとだけ遺伝子をイジれる形にしてあるけど、もちろん、神は、全ての遺伝子設定をイジれる存在なのです。

自分の顔が気に入らなくて「遺伝で決まっているからしょうがない」とあきらめ顔でいる人が沢山いるけど、「じゃあ、誰が遺伝で決めたんだ?」という話で、神が遺伝で決めたから、そのような顔になっている。

今の人間がやっている「遺伝子組み換え技術」みたいに「組み換える」のではなくて、「遺伝子設定の全てを自分で選択できる」というのが本来あるべき姿で、もちろん、「遺伝子システムの考案者」である神は、それが当たり前に出来ている。

神が作った世界である「この世」では、

常に、神は「全て出来る」存在であり、

人間は「一部だけ出来る」存在であり、

これから先、人間が研究に研究を重ねて、

議論の末に辿り着く終着点は、

「全てが神の掌中だった」という結論だ。

「人間が自動車を作った」という事実が信じられるのは、

実際に「自動車を作っている作業工程」を目で確認できるからで、

「自動車の作り方」というマニュアルを読んで頭で理解できるからで、

「神が地球を作った」という事実が信じられないのは、

「地球を作っている作業工程」を目で確認できていないからで、

「地球の作り方」というマニュアルが人間世界に存在していないから、なのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

体の進化はモデルチェンジ

トヨタ自動車カローラ

昔と今で全然ボディーの形が違うことに

疑問を持った子供から

「なんで今のカローラと昔のカローラじゃ形が全く違うの?」

と尋ねられて

「ああ、それはね、環境に適応するために車が勝手にボディーを変形させたんだよ」

「私たち人間は何もしていないんだよ」

と答える馬鹿な大人はいない。

そんな馬鹿みたいな発言を

平気でしてしまっているのが今の人間で、

「神の存在」を抜きにして語るから

矛盾が生じてしまっていて、

子供からの「なんで人間の体は昔と今で違うの?」

という問いに対して

「ああ、それはね、環境に適応するために自分の体が勝手に変化したんだよ」

なんて言ってしまっている。

「じゃあ、一体、誰が見た目の美しさをデザインしたんだ?」

という話で、

「そんなに都合よく簡単に高性能な体を入手できる訳がないでしょ!」

という話で、

もちろん、神がデザインしたからそうなっているのであって、

昔と今で体の形が違うのは、

時代に合わせて「モデルチェンジ」しただけの話なのです。

「何もしていないのに体が勝手に出来上がったんだ」

なんて夢みたいな話は、

マンガやアニメの世界での話で、

そんなに簡単に出来上がるほど

「人間の体の仕組み」は簡単ではない。

神が頭で考えに考え抜いて生み出したから、

ふんだんに神技術が使用された「人間の体」

という精巧絶妙な芸術作品が存在しているのです。

人間が、

自分が望む姿へと自分の体を進化させてきたなら、

今頃の人間世界は「美男美女だらけの世界」

になっているはずだから、

人間の願望通りに体が進化してきた訳じゃない。

車のモデルチェンジみたいに、

デザイナーである神の意向で、

今の人間の体は、そう、なっているのです。

そして、人間の体は、ちょっと特殊なモデルでもある。

人間以外の動物は、

「自然環境に適応する形」へと

モデルチェンジされてきた感じだけど、

人間は、「高度な文明に適応する形」へと

モデルチェンジされてきた感じだ。

はるか昔、

まだ人間が高度なスポーツをしていなかった頃から、

「人間が野球やバスケットボールやテニスなどのスポーツをする未来」

「人間の体の未来」の両方を見通せている神が、

両方を同時進行で進化させてきた。

もちろん、これは、「はるか先の未来を見通す目」を

持っている神だからこそ成し得た芸当で、

人間が、整髪料やリボンなどを使って

「リーゼント」や「七三分け」や「ポニーテール」などの

色々な髪型で過ごす未来を見通した上で、

人間の頭に適量な髪の毛を残しておいたのです。

神の予測は、常に、人間の予測の「はるか上」をいっている。

全ては、未来を見通せている神の采配で、

神が思い描いた通りに、

人間は過ごしているにすぎない存在なのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

決定権は神にある

人間が切望している「長生きしたい」「ずっと若い頃の体力のままでいたい」という願望を叶えることは、難しいことじゃない。

むしろ、自分の体に寿命を設けて老いさせていくことの方がシステム的に難しいことなのであって、あえて、わざわざ、難しいことの方を強制的に選択させられた状態で生きているのが、今の人間なのです。

もちろん、神は、永遠に生きているし、体力もずっと最高状態のままで生きている。

普通に考えれば「生きるために必要なエネルギーを取得し続けることさえ出来れば、ずっと、最高な状態のままで生きられる」というのが、当然あるべき姿であるはずなのです。

人間は、「鳥カゴの中の鳥」状態だから、当然あるべき姿が与えられていない。

魚は、水中で泳ぎやすくするために体を変更した。

鳥は、空を飛びやすくするために体を変更した。

サルは、木登りを上手に出来るように体を変更した。

こんな風に、自由自在に自分の体を変更できるのなら、「こんな顔は嫌だ」「こんな体型は嫌だ」「ハゲは嫌だ」と嘆き続ける「人間」という悲しき生き物が、存在する訳がないのです。

「一体、誰の願望が実現しているんだ?」という話で、

魚の「上手く泳ぎたい」という願望が実現して上手く泳げる体になったのならば、

人間の「美男美女になりたい」という願望も実現して、

今頃の人間世界は「美男美女だらけの世界」になっているはずで、

そうなっていないのは、どう考えても、おかしくて、

「神の願望が実現している」から、神が決定した通りの世界となっている。

神が、人間世界を「美男美女だらけの世界」にすることを望まなかったから、そうなっていないだけの話で、人間以外にも同じことが言えて、神が、「人間の寿命は100年くらい」「犬の寿命は10年くらい」と決めたから、そうなっているだけの話なのです。

生き物の種類ごとに、

やるべき未来の行動を見通して、

「サルが木に登る時に頭に大きな角があったら邪魔だろう」

「人間がサッカーやラグビーなどのスポーツをしたり自動車や満員電車などの狭い空間に搭乗したりする時に頭に大きな角があったら邪魔だろう」

「人間が家を建築したり精巧な機械を作ったりスポーツをしたりする時に器用な手足が必要だろう」、などなど、

神が色々と考えた上で、体の仕組みは、神によって決定されているのです。

まず、神が頭の中で「完成形」を考えて、それから、その完成形へと到るための「設計図」が作られている。

もちろん、神世界にある「神科学」という超高等テクニックが、その作業を実現可能としているのです。

神が、神科学で「体を扱う」という作業を簡易化して強力にサポートしてくれているから、あなたは、見て、聞いて、においを感じて、味を感じて、しゃべることが出来ている。

本来、それらの行為は簡単に出来ることではなく、今、あなたが所有している科学力では絶対に実現できないことなのです。

あなたが、テレビを見たり、ラジオを聞いたり出来ているのも、神のサポートありきで、やっと、実現できていること。

人間の子供が親から与えられた「積み木のオモチャ」で遊んでいるように、

その積み木は元々からあるものではなく、

大人が技術力を駆使して用意してくれたものなのであって、

同じく、「積み木」である「原子」は、自然に発生した元々からあるものではなく、

神が技術力を駆使して用意してくれたものなのです。

普通に考えれば、「色々な物を作りやすい材料として」約100種類もの原子が理路整然と存在している訳がない。

それらは、神が、「人間の知能レベルでも簡単に発明品を生み出せるように」用意してくれたものなのであって、だからこそ、人間は、テレビやラジオなどの発明品を簡単に生み出すことが出来たのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

人生は神が創設した学校

覚醒者の1部で

「人間の脳の奥底であり、いわゆる、深層心理、潜在意識、無意識と呼ばれている部分では、みんな、つながっている」という「真理」まで辿り着いている人がいるけど、

あとは、その、つながっている先の集合場所は「神の脳」であり、

その脳の所有者である神は、

「人間の知能レベルをはるかに超越した知的生命体である」という「究極の真理」が手招きして待ち構えている。

これは、絵空事ではなく、

むしろ、「カブトムシのオスには角が生えていてメスには生えていない」という事の方が絵空事で、

人間のオスの下半身に角が生えていて、メスには生えていないのも同じことで、

角は、ただ、神という芸術家によってデザインされた1つの作品にすぎない。

人間のオスの頭に角が生えていないのは、

神が「頭に角がない方がデザイン的にいいかな」と思ったから角を付けていないだけで、

そこに必然性はなく、

鹿のオスの頭に立派な角が生えているのも

「鹿という生き物には角を生やした方がより魅力的になりそうだ」と神が思ったから角が付いてるだけの話なのです。

人間が「神」という存在を空想して作り上げたのではなくて、

神が「人間」という存在を空想して作り上げたのであって、

神世界が「現実世界」であり、人間世界は「空想世界」、ということになる。

今の人間の寿命が100年くらいなのは

「今の人間社会で色々と学ぶためにはだいたい100年くらいが最適かな」という感じで神が決めたことなのであって、

人間が自分達で「100年くらいで死ぬことを決めた」という話は聞いたことがないし無理があるだろうから、

「神が決めている」と考えるのが一番しっくりくる結論で、

「100才くらいになっても若い頃の体力のままで突然死ぬ」という風にしてもいい訳だから、

老いたら体力を衰えさせているのは「教育的な意味合いが強いから」、ということになる。

人間が老いていくのは、

神が「老化の術」という神技術で老いさせているだけで、

神が「老化の術」を解除すれば、今すぐにでも、あなたは「永遠の若さ」を手に入れることが出来る。

すぐに「悪魔の誘惑」に負けてしまう未熟な魂だから、わざと、苦しみが与えられているだけの話で、人間に与えられている苦しみのほとんどは「教育のため」、ということになる。

人生の終盤に弱い立場となって、

「やりたくても出来ない人」の気持ちを痛感して、

その体験を経て弱者に対して優しくなれるように、

わざと、若い頃に当たり前に持っていたものを失ってから死ぬようになっているのです。

「人生」を「学校」だと例えるなら、

「死」は「卒業」という感じで、

卒業できなかった者は、もう一度、学び直すために「人生」という学校に入学する、という感じだ。

自分から進んで苦しみの中に飛び込んでいく人間はほとんどいないだろうから、強制的に苦しみを体験させる必要性も出てきて、それは、苦しむことで苦しんでいる人の気持ちを思いやれるように成長させるために、神が、あえて課している課題なのです。

子供の頃に味わう苦しみ、

大人になって味わう苦しみ、

老人になって味わう苦しみ、

それぞれの立場で様々な苦しみを体験させるために、

人間の体は、「子供の体」「大人の体」「老人の体」という風に神の手によって強制的に固定化されている。

もちろん、神が「体の固定化」を解除すれば、

今すぐにでも、あなたは「自分が望む姿へと自由に変更できる体」を手に入れることが出来るのです。

そういった理由以外でも必要性があって、

苦しみがあるから、

苦しみを軽減しようとして様々な発明品が生み出されるし、

苦しみがないと怠けてしまって「色々と学ぼう」という衝動が薄れてしまうから尻を叩く感じで与えられている苦しみもある。

食べないと死んでしまうから食べるために行動するし、

健康のために運動が必須となっているし、

虫歯にならないために歯磨きをする必要があるし、

何もせずに放っておくと体が汚くなったり臭くなったりするから風呂に入って体を洗う必要があるし、

毎日の体の管理を義務付けるために、あえて、管理を怠ると苦しみを与える体となっているのです。

今の人間は、

当たり前に出来るはずのことが

当たり前に出来ていなくて、

自分で体を選んだなら、作ったなら、

絶対に、こんな不自由な体には、なってないはずで、

「人間の限界」を超えようとすると、

必ず、ストッパーが働いて、

それ以上、行かせなくする不思議な力が自由を阻んでいて、

それは、その自由を奪っている鳥カゴは、

神が作ったカゴで、

カゴから解放されれば、自由に空を飛べるようになる。

人が争って手に入れようとしているものは、

馬の鼻先のニンジンみたいなもので、

ニンジン以上の美味しいものが人間世界にいっぱいあるように、

人間世界にある以上の極上品が、神世界にいっぱいある。

そして、もちろん、ニンジンがなくても神世界へと向かって走れるようになるのが、最も好ましいことなのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

神から人間への伝達手段(シンクロ)

「いいアイデアが思いついた、これは絶対書かねば」と思って書いている。

そう、書いている本人ですら「神によって書かされた」ということに気付いてすらいないのです。

神は、全く違和感を与えることなく、息をするごとく、ごくごく自然な流れで人間にアイデアを渡すことが出来る。

書いている最中は、全く疑うことなく「100%自分が思いついて書いている」と人間が錯覚させられるほど、神は、見事に人間と同化して書かせているのです。

言葉で「あ~だ、こ~だ」言う必要はなく、人間は「神の体の1部分」なのだから、自分の手足を動かすかのように、そっと優しく手助けをする感じで「アイデア」という形の閃きを与えてくれている。

書いた後に「あれ?これは、自分が書いたにしては完成度が高すぎるな、誰かに書かされたのかも」と気付くことはあっても、書いている途中で気付けることは、まず、ありえない。

それ程まで完璧に、神は、人間とシンクロすることが可能だ。

だから、いちいち、しゃべって伝える必要なんて、ないのです。

文章や言葉だけじゃなく、パフォーマンスにおいても、同じことが言える。

人々の想いが神に通じたかのように奇跡的な神懸った結果が生じるのは、その言葉通り、神がさりげなくサポートしてくれているからなのであって、過去に各分野トップクラスの人達が起こした奇跡を振り返って、じっくり考えてみれば、そのことに気付けるはずです。

人間が「神の存在」に気付くのは、いつも、終わった後だ。

神が、わざと気付かせた場合を除くと、神は、人間からの感知に対して「完璧に隠れた状態でサポートを行える」から途中では気付けないのです。

そう、「神の技」は、「人間の五感」だけでは、ハッキリと認識することは出来ない。

神が、今、人間に与えている5感以上の感覚を「人間の体」に付与しない限り、未来永劫、人間が自力で「神の技」を完全に解明できる日は、やって来ない。

神が、宇宙を作ったことは確かだ。

しかし、「人間の体」のままでは、いつまでたっても「宇宙の作り方」を理解することは出来ないのです。

人間が作った「家」と「蛍光灯」をサルの頭では作れないように、神が作った「地球」と「太陽」を人間の頭では作れない。

理由は、「知能レベルが違いすぎるから」であり、そして、もう1つ、「理解できるだけの感覚が足りていない」という理由もある。

人間の目で「神の作品」である「地球」や「太陽」を見ることは出来るけど、「作っている過程」を見るためには、人間の五感以上の感覚である「神の感覚」が不可欠なのです。

第6感、7感、8感、9感……という風に「人間が持っていない感覚」というのが存在しているし、「神の視覚」と「人間の視覚」では、ズバ抜けて「神の視覚」の方が性能的に上であるから、人間は、「神の技」を完全に理解できない。

もちろん、神は、明確に、鮮明に、ハッキリと理解できている。

だからこそ、地球を、太陽を、自分が考案した設計図通りに見事に具現化することが出来ているのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

神は「偉大なる先生」

神は、原子を作ることにしました。

「そうだな、番号付けしておいた方が、後々、分別しやすくて便利かな」と陽子の数で番号付けすることにしました。

最初に作った水素には1個の陽子を入れておき、2番目に作ったヘリウムには2個の陽子を入れておき、作るのに夢中になってると、いつのまにか、100個以上もの原子が出来上がりました。

「よ~し、これで、凝った作品がつくれるぞ」と意気込んで、最初に作る予定だった太陽を作ってみました。

「うん、うん、だいたい思い通りに作れた、今度は地球だな」と素材(原子)の比率を変更して生き物が住める大地を作りました。

「う~ん、昼と夜があった方がいいかな」と地球を自転させ、「四季も作ろう」と太陽の周りをグルグル回るように地球を公転させることにしました。

「そうだな、昼に太陽、夜に月が昇ったら風情があるし、潮の満ち引きも作りたいから」と月も追加しました。

「晴れと曇りと雨もあった方がいいかな」と海水が蒸発して雲となり大地へと降り注いで川となって海へと戻っていく循環システムも追加しました。

こういう風に、試行錯誤して作られていったのが、地球なのです。

人間がパレットに違う色の絵の具を用意して、それを塗って絵を完成させていくように、違う性質の原子を用意して、それを組み合わせて地球を完成させた、ということになる。

原子の原子核の中に入ってる「陽子」は、番号付け。

そして、「遺伝子」は、メモ帳。

要するに、人間がやってる「番号付けする」「メモ書きする」という行為を、人間よりもオシャレにやっているだけの話。

「コンピューター的な処理がしやすい形にしてある」という表現の方が的確かもしれないけど、いずれにせよ、神世界においては、日常的に使われているお手軽な手法なのです。

原子は原子核の中に入っている陽子の数で性質が変わってくる。

陽子が1個だけ入っているなら水素の性質となり、2個入ってるならヘリウムの性質となる。

原子番号」というのは「陽子の数」とイコールで、1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11……とキレイに順番に並んでいる。

「1番目に作った原子にはこういう性質を付加しよう」「2番目に作った原子にはこういう性質を付加しよう」という「人間的な意思」が働いているのは、間違いない。

そう、神が、原子を、1個1個、作った順番に、思いついた性質を付加させていっただけの話なのです。

(原子番号)1番目が水素。

2番目がヘリウムで太陽で発見されたもの。

3番目以降は、リチウム、ベリリウム、ホウ素、炭素、窒素、酸素、フッ素、ネオン、ナトリウム、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、リン、……

太陽の光球の組成は水素が73%で、ヘリウムが25%で、酸素が0.8%で、炭素が0.3%で、あと、鉄とネオンと窒素とケイ素とマグネシウムが約0.1%くらいで、……

地球の大気中は窒素が78%で、酸素が21%で、アルゴンが0.9%で、二酸化酸素が0.04%で、……

地球の地殻中は酸素が47%で、ケイ素が28%で、アルミニウムが8%で、鉄が5%で、カルシウムが4%で、ナトリウムが3%で、カリウムが3%で、マグネシウムが2%で、……

まず神が「欲しい」と思ったのが水素とヘリウム。

原子番号の並びから「まず恒星(太陽)を作ろう」という意思が読み取れる。

暗闇に火を灯すために太陽を作って、それから、生き物たちの住処を用意するために、ちょうどいい光と温度が届く位置に地球を作った、ということになる。

実際には同時進行で作られたかもしれないけど、神が頭の中で考えた「設計図の順番」は、そういうことになる。

地球以外の太陽系の惑星はアクセサリー的な意味合いもあって、「誰かによって作られた世界だ」ということを隠す目的もあり、ついでに太陽の周りを回らせている感じだ。

「誰かによって作られた世界に住んでいる」と分かると嫌な気分になるかもしれないし、「世界の仕組みを解明しよう」という勉強意欲がそがれてしまうかもしれないし、だからこそ、隠してあるのです。

同じ理由で、宇宙も、わざと、広大に作ってある。

テレビゲームをやっていて、

テレビ画面内にいる人型キャラが

「こんなに広いマップを誰かが作ったなんて信じられない」と言っているのと同じ状況で、

実際には、プログラマーからしてみたら、

いくらでも広いマップは作れるし、

テレビを外側から見ている人間にとっては、

テレビというのは、そんなに大きいものでもない。

「作られた側」である人間から見たら、宇宙は、とてつもなく膨大で計り知れない存在だけど、「作った側」である神から見たら、宇宙は、完璧に理解して掌握できている存在なのです。

そう、宇宙の外側から見たら、宇宙は、そんなに広大ではない。

内側から見ているから、広大に見えるだけなのです。

テレビゲームのマップ上で「街と街の距離」を決めたのは人間(プログラマー)であり、宇宙のマップ上で「惑星(地球)と惑星(火星)の距離」を決めたのは神(プログラマー)、ということになる。

プログラマーが、そう、決めただけの話で、

マップ上に居る者にとっては、

「街と街の距離」「惑星と惑星の距離」は遠く感じるけど、

プログラマーにとっては、

マップ上のどこであっても「すぐ近くに存在している」、ということになる。

そして、もちろん、プログラマーである神は、宇宙のどこであっても、簡単に見ることが出来て、簡単に手直しが出来る存在なのです。

この世は「教育者」である神の意向が反映されている世界。

そして、「神の叡智」は「人間の知恵」を遥かに超越していて、だからこそ、人間が作った陳腐な教科書を遥かに超越した「宇宙」という超未来型の教科書を作り上げてしまった、ということなのです。

宇宙は神が創った芸術作品であり、「教育」を最大の目標として作られた世界だから、宇宙全体が「教科書」みたいになっていて、どこを見ても何かを学べるようになっている。

人間は、物凄く有難い授業を「無償で」受けているのです。

大自然を見ているだけで美的なデザインセンスが磨けて、まさに、それは、人間がやってる「美術の授業」と同じで、先生が手本となる絵を描いて、生徒が上手に絵を描けるように導いてくれているのです。

「図画工作」の授業のために、あらかじめ、「木」や「鉄」などを神が用意してくれていて、生徒(人間)は先生(神)の指示通りに「柱」と「釘」を作って家を完成させていく。

神は、見返りを求めない無償の愛で、閃きという形で人間にヒントを与え、さりげなく正解の方へと導いて、ずっと温かく見守り続けてくれているのです。

心の大切さを教える時期が来たら預言者を通して「神の教え」を伝え、それが、今現在の「道徳」の教科書となっている。

神は、人間に対して、全ての分野で先生となりえる。

宇宙内のことなら、神は、何でも知っている。

まさに、全ての知識に精通している「偉大なる先生」なのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

人間は神から多大な恩恵を受けている

1つの宇宙を服(体)として所有している神が、人間の住む地球に生まれ出ることはなく、人間の感覚を味わいたい時は、服(体)を重ね着する要領で「体の一部」を人間の感覚を味わえるように変更して味わい、人間に「神の言葉」を伝える時は、人間用の波長に合わせてシンクロして伝える。

服の素材(原子)を発明したのも神であり、その素材で「何が作れるのか」の完成形をも考え尽くしていて、その中の1つが「人間の体」なのです。

あなたの体は、「死ぬまで」という期間限定で神が貸し与えている体であり、「自力で進化して手に入れた体」ではなく、「神がデザインして作り上げた体」ということになる。

もちろん、「人間の五感」も神が付与したものであり、神が「今の人間には5つ感覚を与える」と決めたから、「5つ」となっているだけの話なのです。

「見る」という行為だけでも「とてつもなく高度な技術力」が必要で、神が神世界にある神技術で強力にサポートしてくれているから、難なく、あなたは、今、簡単に「見る」ことが出来ている。

あなたの体は「あって当たり前なもの」ではなく、神が無償で与え続けてくれている体であり、だからこそ、今のあなたの技術力以上の体を、未来を先取る形で手に入れることが出来ている。

人間の目は、今の人間の科学力では絶対に作れない「身分不相応な目」であり、神がいない世界へとあなたが行けば失ってしまう「神科学に完全依存している目」なのです。

あなたの目は「神がデザインした目」であり、あなたが目で見ている映像は「神が映像化してくれている映像」なのだから、あなたは、常に「神と繋がっている」ということになる。

「見る」という行為だけでも、あなたは、神から多大な恩恵を受けながら生きているのです。

「目耳鼻口」「美しい大自然」「鈴虫が奏でる音色」「花の香り」「美味しい果実」これら全てを神が与え続けてくれているから、あなたは、見て、聞いて、匂いを感じて、味を感じることが出来ている。

神に対して文句がある人間は、まず、神が与えてくれている目耳鼻口を神に返してから、文句を言えばいい。

いや、その「言うこと」ですらも、神がいなくなれば、出来なくなってしまうのです。

「言葉を発する」というのは、本来、人智を超越した神レベルの技術が不可欠な行為で、神が、「永遠の命」で、とてつもなく永き年月をかけて築き上げた神科学だからこそ、成し得ている技なのです。

「原子の発明者」である神が、たえまなく、原子を作り出して供給し続けて「作業を簡易化してくれている」から、人間の知識レベルでもコンピューターなどを使って音声化できているのだけど、神が原子の供給を停止すれば、今ある人間科学は、頭の中で考えているだけの「机上の空論」となって、人間が作った発明品は、全て、水の泡となって、チリと化すことになる。

人間科学は、神科学のサポートありきで、やっと、成立している科学なのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

神世界の科学力が宇宙を形成している

神は、重力が欲しくなった。

だから、重力を作った。

神は、地面が欲しくなった。

だから、地球を作った。

「人間の目」では確認できないけど「神の目」では確認できている「重力発生装置」と「素材発生装置」というのが存在している。

イメージとしては、

重力発生装置が、宇宙の「ある1点」を中心にして中心方向に力を働かせ続けていて、

素材発生装置が、その中心付近に金・銀・銅・鉄などの土を形成する素材をバラまいた結果、

上手い具合に重力に引き寄せられていって、

ランダムに様々な素材が交じり合った、良いあんばいの地面を有する地球が出来上がった、という感じだ。

正確には「重力」じゃなくて「万有引力」と書いた方がいいのかもしれないけど、いずれにせよ、その力は元々から存在している「自然発生的な力」ではなく、神が完成形を維持するために作り出した「人工的な力」なのだから、神には「いかようにも変更可能な力」、ということになる。

卵子1つから細胞が増えていって目耳鼻口などが付いた「人間という体」の完成形へと到るように、神には、最初から、「地球という惑星」の完成形が見えていて、「遺伝子」という人体の設計図が存在するように、「このような星にする」という設計図が存在していて、その設計図通りに地球は作られたのです。

そして、もう1つ、「火力発生装置」というのが存在していて、それが、地球の内部を燃やし続けている。

あなたが感じている感覚は、全て、「神の脳」が神経を通して信号を送って感じさせている感覚だから、「燃えている」「あつい」という表現はどうかと思うけど、とにかく、あなたが「燃えている」「あつい」と感じている地球の中心部は、火力発生装置によって燃やされ続けているから、マグマのような高温な物質が存在し続けることが出来ているのです。

惑星だけじゃなく恒星も同じように作られていて、星の主な構成成分をガス系に変更して、後は、惑星である地球に対しては火力を抑えて、恒星である太陽に対しては火力を増大させている、ということになる。

もちろん、地球に適度な温度と光を与えるために、火力の調整が常に行われていて、太陽と地球の配置関係も、常に調整が行われている。

恒星、惑星、衛星の全てに設計図が存在していて、設計図通りに力を加え続ける装置というのが存在していて、その力によって公転や自転は成立しているのです。

たまたま、そうなった訳じゃない。

神によって、完璧に、計算され尽くしているのです。

宇宙内に星がいっぱいあるのは「神の遊び心」による産物で、人間の子供が公園で砂遊びをしていて「どんな団子が出来るかな」「どんな団子が出来るかな」と夢中になって作っているうちに「団子がいっぱい出来ちゃった」のと同じで、神が、「どんな恒星が出来るかな」「どんな惑星が出来るかな」と遊びに夢中になっているうちに、いっぱい星が出来ちゃったのです。

地球から見て「夜空に星がいっぱいキラキラ輝いてキレイだから」という理由もあるだろうけど、星以外にも、地球上に様々な種類の生き物がいたりするのは「子供心で夢中になって作って遊んでいたらいっぱい出来ちゃった」というのが、だいたいの理由なのです。

神が、今、この世に存在している素材で作ることが可能な完成形を考え尽くして数多の完成品を存在させているから、人間が何を作っても「神作品の模倣品」という感じになる。

「電線」は「神経」の模倣で、

「コンピューター」は「脳」の模倣で、

「注射器」は「蚊の口」の模倣で、

「暗視スコープ」は「フクロウの目」の模倣で、

「懐中電灯」は「ホタルの光」の模倣で、

「パラグライダー」は「ムササビ」の模倣で、

「飛行機」は「鳥」の模倣で、

神が作った作品の方が、よっぽど高性能なのです。

人間が何をやっても「神の真似事」となってしまうのは、神が、人間から見て「はるか未来のテクノロジー」である神科学を日常的に軽々と使用できている存在だからなのであって、だからこそ、人間が何をやっても「神の後追い」となってしまうのです。

常に、神科学の下に人間科学が存在していて、もちろん、今の人間科学で作ることが出来ない「体」も神作品の1つ、ということになる。

「人間の体」「鳥の体」「イルカの体」、いずれも、神がデザインした超未来型の作品なのです。

人間は、超未来型のロボット(体)に搭乗しながら、ソレと比べたら、はるか昔の古臭い旧型であるロボットの研究・開発を一生懸命に進めていて、超未来型の飛行機である鳥やトンボやチョウチョを片目に見ながら、ソレと比べたら、はるか昔の古臭い旧型である飛行機の研究・開発を頑張っている。

まるで、先生が手本を見せてくれて生徒が教えてもらいながら授業してるみたいで、「みたい」ではなく、まさに、それが、現実なのです。

人間が思いつける未来の、さらに、さらに、さらに未来。

VRスコープが進化した「目」という超未来型の映像受信装置、イヤホンが進化した「耳」という超未来型の音声受信装置、スピーカーが進化した「口」という超未来型の音声発生装置が開発された。

そして、さらに未来に、神科学の結晶である「宇宙」が誕生した。

1つの宇宙に1つの神、だけど、神が所有している宇宙は1つだけ、とは限らない。

宇宙を複数所有している神だって、いる。

神がやっていることは、全てにおいて、壮大だ。

無限の存在である神を、有限の存在である人間の物差しでは、はかれない。

「できるはずがない」という人間特有のリミッターを外せば、「神々の世界」の片鱗が見えてくるはずなのです。

「人間に思いつけることは、とっくの昔に、神は思いついてる」

「神は、人智をはるかに越えた超未来型の道具と科学力が溢れている世界に住んでいる」

「人間は、神から与えられた子供用のオモチャで遊んでるだけ」

この3つを頭の中で何度も唱えて、そして、日常にある「有限」を「無限」に変換すれば、答えが見えてくるはずなのです。

う~ん、唱えて答えが見えてきた結果、どうやら、上記で書いた「装置」という表現よりも「プログラム」という表現の方が適切なのかもしれない。

人間が作ったテレビゲーム画面の中で、人型キャラが岩に邪魔されて通れなくなるけど、それは「岩があるから通れない」のではなくて、「通れないようにプログラミングした上で岩の映像を被せている」だけの話。

それと同じで、人間であるあなたが石で作られた壁をすり抜けることが出来ないのは、そういう風にプログラミングされた上で石の映像が被せてあるだけの話なのです。

神が「人間の体は石をすり抜けられる」とプログラムの変更を行えば、あなたは、石をすり抜けることが可能になる。

そう、あなたは、神がプログラミングしてルール化してから、その上に映像を被せたり、音声を被せたり、においを被せたり、味を被せたりしてデコレーションした世界、感覚化の超プロである神が様々な感覚を上手に組み合わせて作った「超未来型である神科学で彩られた世界」に住んでいるのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

全ては神の設計図通りに進行している

トンボは空中で止まるような飛び方が可能で、

チョウチョはヒラヒラと不規則な飛行経路で舞うように飛んで、

それぞれ飛行形態が違う、「人間が空を飛ぶ乗り物を作る時にとても参考になる」飛行テクニックを、人間の目の前で、披露してくれている。

鳥なんかは、もの凄くスムーズに、見事な曲線を描いて、美しい流線形の翼で優雅に飛んでいる。

神は、長年の試行錯誤で手に入れた「飛行テクニックの真髄」を、惜しげもなく、無償で、公開して見せてくれているのです。

人間は、「鳥の翼」を参考にして飛行機を作ったけど、今現在でも、まだまだ神の飛行技術レベルには、全然達していない。

人間よりも遥かに小さい「体」と「脳」である蚊ですらも、

今の人間が有する飛行技術以上でブンブン飛べていて、

もちろん、これは、蚊が自力で手に入れた技術ではなく、

さりげなく神が「神世界にある圧倒的な技術力」で手助けしてくれているからこそ、

「神が設計した体」であるからこそ、

蚊は軽々と飛べているのです。

「雪の結晶」が美しくデザインされているように、神は、作品の細部まで気を配っている。

そして、人間が所持している小型化の技術よりも「遥かに上」の小型化の技術を所持している存在なのです。

「蚊が賢い」のではなくて「神が賢い」。

地球上の生き物たちは、ただ、神から与えられた体を操縦しているだけで、その体は、神の技術力によって作られた「借り物の体」にすぎない。

鳥やトンボやチョウチョが使用できている「飛行技術」は、神が与えた技術なのであって、神世界で神科学を日常的に扱っている神が、その科学を駆使して作った「空を簡単に飛べる体」を与えたから、鳥たちは軽々と空を飛べているのです。

「遺伝子」という設計図は神が設計したものであり、「空気」や「重力」ですらも神が設計したものであり、だからこそ、揚力や空気抵抗などを完璧に理解して見事にデザインされた「体」が存在している。

その飛行技術は、神がいなければ、神が手助けしなければ、鳥やトンボやチョウチョが有する「知識レベル」では絶対に手に入れることが出来ない「身分不相応な飛行技術」なのであって、サナギから羽化したチョウチョがすぐに空を飛べるようになるのは、全てが「神のおかげ」なのです。

この世の全ては「神の設計」によって成り立っている。

普通に考えれば、太陽から約1億5000万km離れた地球にまで太陽の重力が及んで、地球が太陽の周りを「ちょうどいい距離で」ずっと回り続ける、なんて有り得ない話で、太陽と地球の「成分の調整」と「重力の調整」を神が上手く行ってくれているから、成し得ている技なのです。

そう、「重力」ですらも「神が設計したもの」なのであって、この世の、元々からある設計は全て神が行っていて、まさに、「創造主」という言葉通りの存在が、神なのです。

太陽が、地球に適温を与える「ちょうどいい火加減で」燃え続けているのは、人間の体温が36度くらいの適温を保ち続けているのと同じことで、神が「地球の気温を適温にする」と決めたから、地球は、生き物が住むのに最適な温度になっているだけの話なのです。

神が、太陽と地球の配置を「設計」したのであり、

太陽の火加減を「設計」したのであり、

太陽と地球の重力を「設計」したのであり、

人間の体温を36度くらいに「設計」したのであり、

全ては、神の「設計図」通りに、神の思いが実現した形で、この世は運営されているのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)

恐竜は神の脳内に今も存在している

「神が恐竜の体をデザインした」という事実を知らないから、人間達は、化石発掘で恐竜の化石を発見して大騒ぎしたり、目を輝かせて「恐竜ってどんな存在だったのかな」という話題で盛り上がったりしている。

「こういう姿だったんじゃないかな」「こんな鳴き声だったんじゃないかな」と想像を膨らませて、「ジュラシックパーク」みたいな恐竜映画を作っちゃったりして、観客たちも「恐竜ってこんなに大きかったんだ」「凄いね~」なんて言って感動しているのです。

実は、恐竜というのは、人間にとっては「未知」の存在だけど、神にとっては「熟知」の存在で、神目線から見ると、人間は、かなり面白い言動をしている存在となっている。

「神が頭で思い描いて恐竜の体を現実化した」のだから、もちろん、恐竜に関する全てを神は知っていて、神にお願いしてOKさえもらえれば、本物の恐竜を、いとも簡単に見ることが出来る「最短ルート」というのが存在していて、それは、教育上の理由で隠された「極秘ルート」という感じで、ひっそりと存在しているのです。

恐竜の姿は「映像」として、恐竜の鳴き声は「音声」として、ちゃんと、「永久に朽ちないデータベース」である「神の脳」にリアルに保管されている。

神は、「恐竜」という芸術作品の作者なのだから、気に入った自分の作品のデータは、ずっと大切に保存しているのです。

もちろん、恐竜が生きていた時代の様相も、ちゃんと、残されている。

恐竜の息使いまで感じられるようなリアルな感覚が、ちゃんと、記憶として残されていて、恐竜が生きていた世界の映像も鮮明に残っているのだけど、あなたは、まだ、見せてもらえていないだけなのです。

人間は、ボケーと過ごしている。

目の前で、チョウチョの幼虫が変身して空を飛んでいっても大事に思えず、軽い感じで「凄いね~」なんて言って感心している。

「ちょっと変わった」という程度のレベルではなく「全く違う」体になって、さらには、幼虫の頃には「モゾモゾと葉っぱの上で歩き回っていた」だけなのに、成虫になったら「羽を生やして空で優雅に飛んでいる」のに、そんな天地驚愕な奇跡が目の前で起こっているのに、それでも、大事に思えないのです。

この変化と比べたら、人間がやっている「整形手術」なんて陳腐で雑すぎる未完成な技術で、遺伝子を自由自在に操れている神技術の足元にも及んでいない。

常に、神が上で、人間が下であり、「神技術が凄すぎる」から、幼虫からサナギを経て成虫になる体の変化が「神世界に住まう神々の技の1つ」であることに、人間は気付けないのです。

神と人間の実力差がありすぎるから、人間は、明らかな「矛盾点」に気付けない。

「蚊は口から唾液を出して“血が凝固しない成分”と“痛みを感じさせない麻酔みたいな成分”を同時に人間の肌に注入しているから人間は針で刺されていても気付けないんだ」という知識を得ても「へぇ~、蚊って賢いんだね」って、軽い感じで言っている。

「血液の仕組み」と「神経の仕組み」を完璧に理解している者じゃないと出来ないビックリ仰天なテクニックが目の前で軽々と披露されているのに、それなのに、軽い感じで言っているのです。

神が、目の前で奇跡をいっぱい起こしてくれているのに、どういう訳だか、人間は、全然、気付こうとすらせずにボケーとしている。

ちょっと考えれば分かる話なのに、何故か、「神に関すること」となると頭がショートした感じになって思考力が散漫になってしまっていて、おそらく、これは、神による「封印」という力が働いていて、普通に過ごしているだけでは絶対に「神の存在」へと辿り着けないように「人間の脳」は仕組まれている、ということなのでしょう。

チョウチョも人間も「同じ遺伝子システム」によって作られた存在なのだから、もう、そろそろ、矛盾点に気付かなければいけない。

「人間に出来ていること」の全てをあなたにも出来るのはもちろんのこと、「チョウチョに出来ていること」の全てですらあなたにも出来る、というのが、当然あるべき姿なのです。

そして、もちろん、この世の「創造主」であり「全知全能」である神は、ソレが当たり前のように出来ていて、この世で実現できていることの全てを「自分の能力」として所有している存在であることは、言うまでもありません。

神が「凄すぎる存在」であるから、人間は「神の存在」に気付けなかっただけの話なのです。

地球上に存在する全ての「体」が、遺伝子システムを駆使して神がデザインした作品であることに気付いていないから、人間は、チョウチョが「変身して空を飛んでいってる」現実を見ながら、テレビでヒーローが変身して空を飛ぶ場面を見て「現実では有り得ない話だよな」と言っている。

蚊の体、チョウチョの体、人間の体、恐竜の体、さらには、空気、重力でさえも「神が創った芸術作品」なのだから、体の大きさに関係なく、「空を飛ぶこと」なんて、神世界では、お茶の子さいさいで実現可能なことなのです。

神は、「重力」の作者であり「体」を自由に選べる立場なのだから、「重力の影響を受けない体」へと変身すれば、羽がなくても余裕で空を飛ぶことが出来ている。

「人間の体は重力の影響を受ける」と神が設定しているから、そうなっているだけで、臨死体験をした人が「幽体離脱みたいに部屋の中をフワフワと漂って天井からベッドで寝ている自分の体を見れている」という事実は、「重力の影響を受けない体」となって、その体からの視点で見ることが可能であることを指し示している。

そして、もちろん、神の場合は、そんなフワフワした曖昧な存在ではなく、鮮明でハッキリとした「自分の体」を維持したまま、自由自在に空を飛べていることは、言うまでもありません。

「この世」と「あの世」のどちらも、神世界の劣化版だから「100点満点の体」が与えられていないだけで、「この世」で出来ることは神世界でも出来るし、「あの世」で出来ることは神世界でも出来るし、「この世」と「あの世」を足し合わせて、さらに、それ以上のことが当たり前に出来ているのが「神世界」なのです。

「走馬灯」や「臨死体験」など、数々の体験談が記録として残されていて、そして、これだけ科学が進歩した今なら、気付けるだけのパズルピースは、もう、十分に、揃っている。

あとは、それを組み立てさえすれば、誰でも、神の存在へと辿り着ける時代になっているのです。

蚊の体も、神が考案した「遺伝子システム」によって作られた体。

蚊の口先に付いてる高性能な注射器は、神が試行錯誤して生み出した1つの作品なのです。

「蚊が賢い」のではなくて「神が賢い」のであって、蚊は「麻酔が効いていて人間は痛みを感じていない」という事実に気付いてすらいない。

もちろん、人間だって、例外ではない。

教科書で自分の体のことを勉強して、やっと自分の体の仕組みが分かるようになったのであって、教科書がない時代の人間は「肝臓がアルコールを分解している」なんて全く気付かずに暮らしていたのです。

人間よりも神の方が、はるかに賢い。

そして、人間は、常に、「神から教えてもらっている」存在なのです。

アルコール(エタノール)の化学式は複雑で、誰かが思い描かなければ、実現させることは出来ない。

偶然に出来上がるほど、簡単な副産物ではないのです。

神が「アルコールが欲しい」と思ったからこそ、今、アルコールが存在している。

神が、「人間がアルコールを飲むと酔ってハイな気分になれるようにしよう」「何か楽しみがないと生きていけないだろうから一時的に辛いことを忘れて楽しめるような飲み物も用意しておいてあげよう」と思ったから、その「思い」が実現して、「ワイン」や「ビール」や「日本酒」などのアルコール飲料が存在しているのです。

「アルコール」と「肝臓」、どちらも神の作品であり、「アルコールを摂取すると人体がどんな反応を示すのか」を決めたのも神であり、神目線から見ると、全てが、出来レースなのです。



Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

著者のホームページ:http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

2018年4月からブログ記事を書き始める前の、2009年5月からホームページに書き始めた記事が載っているので、もし、よろしかったら、読んでみてください。
たいした人間じゃないのにビッグマウスで書いてる理由とかも書いてあるので、口調が凄く気になって平常心で読めない人は、是非、一読してみてください(^^;)