父なる母なる神~本物の神と出会える場所~

「神の姿」を書き現していく世界「初」の文章です。NO.1を目指してるので、応援よろしくお願いします。

第6感である「思考覚」

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

夢の中で、人間と天使が、口を使わずに「思ったこと」を直接相手に伝える会話を成立させている神経を「思考覚」神経と名付けておこう。
そして、「思考覚」は人間の五感以上の感覚なので、「第6感」としておく。
なぜなら、人間であるあなたが所有しているのは「不完全な思考覚」で、神が所有しているのが「完全なる思考覚」だからだ。
では、ビックリ仰天の「宇宙の理」を開帳することとしよう。
神とあなたは「思考覚」神経で繋がっていて、あなたの「手足をこう動かしたい」という思考信号を「思考覚」神経を通して「神の脳」が受け取って処理してから、「神の脳」が「手足をこう動かせ」と指令を出して、その指令に従ってあなたの手足は動くこととなる。
そう、あなたの体は、あなたではなく、神が完全支配しているものなのだ。
あなたは、教科書で習ったみたいに、自分の体は自分の脳が指令して操っていると勘違いしていると思うけど、あなたが見たり聞いたりして得られる情報は、全て神が感覚化している感覚なのだから、事実とは少し異なる。
人間は神の模型みたいに作られていて、「人間の脳と体」は「神の脳と体」を知るヒントを教えてくれている感じで、この辺を、「神の姿」を書き現しながら、詳しく説明していくこととしよう。
人間の脳が傷つくと、手足を動かせなくなることがある。
そして、もちろん、脳は、目で見た映像、耳で聞いた音声、頭の中で思ったことを記憶することが出来る。
すなわち、脳というのは、コンピューターで例えると、司令塔であるCPU(中央処理装置)とハードディスク(記憶媒体)を持ち合わせた存在、ということになる。
最近、一般家庭でも、パソコンやスマホが普及して、身近な存在となったので、情弱な人でも、なんとなくは、内部の仕組みをイメージできるようになったはずだ。
さあ、これで、やっと、「神の姿」を書き現せるパズルピースが、揃った。
では、書き現していこう。
CPUがパソコンの処理を行っていて、ディスプレイ内の映像化もCPUからの指示で実現されている。
「神の脳」が宇宙全体の処理を行っていて、宇宙内の映像化も「神の脳」からの指示で実現されている。
すなわち、あなたの目で確認できる「あなた自身の姿の映像」が宇宙内(ディスプレイ内)にあるのであれば、「神の脳(CPU)」が映像化の指示を出したからソコに存在できている、ということになる。
「神の脳(CPU)」が、第6感である「思考覚」を通して「あなたの思考」を受け取り、必要な処理を行った後、「あなたの姿」は映像化されているのだ。
映像化だけじゃなく他の感覚化も、同じく「神の脳(CPU)を経由してから」実現されている。
すなわち、宇宙内にいる全ての知的生命体が「神の脳(CPU)」とつながっていて、映像化・音声化などの感覚化は、必ず、「神の脳(CPU)を経由してから」実現している、ということになる。
ということは、すなわち、「神は宇宙内で起こった出来事を全て丸ごと記憶することが可能な存在である」ということになるのだ!
もちろん、あなたが「見て」「聞いて」「思った」過去の記憶も、無限の記憶媒体である「神の脳(ハードディスク)」に全て残されている。
あなたに思い出せることは、神にも思い出せる。
むしろ、あなたは、何%しかあなたの過去を覚えていなくて、神は、100%あなたの過去を覚えている存在なのだ。
そして、将来、あなたが神と同じ「完全なる思考覚」を所有する存在となれたなら、走馬灯で見る「不完全な過去の記憶」ではなく、「神の脳(ハードディスク)」に鮮明に残っている「完全なる過去の記憶」を引き出せるようになる。
神による封印が解かれれば、現世だけでなく前世・前前世・前前前世……という過去の自分の記憶も、見たい場面を見たい時に自由自在に閲覧できる存在となれるのだ。
もちろん、神が許可したなら、他者の記憶を見ることも可能だ。
そう、まさに、これこそが、この「思考覚神経を通した記憶の受け渡し」こそが、神々の世界では当たり前に行われている会話手段の1つなのであって、あなたも、神に導かれて順調に魂が成長していって神となれたなら、神々の世界でこの会話手段を日常的に使用できるようになるのだ。

 

 

NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒間違い指摘、意見、質問、感想など気軽にコメントしていただいて結構ですが、コメントは全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、公開コメントも管理人承認段階でストップの非公開とし、返事しない場合が多いですし、コメント蘭だけではもったいない内容の時はブログ本文やメルマガなどに掲載する場合があります。
ご理解よろしくお願いいたします。